栄養補給

輸入チーズは代金に税金が多く含まれているって本当?

輸入チーズは牛肉が替えてしまうくらいの値段がするものが多く高い食品というイメージが強い方が多いのです。
しかし現地に行って実際にチーズ売り場を見てみると、日本の価格とは真逆でお手頃な値段でチーズを購入することができます。
日本では約3倍もの値段になっているといいます。

このような背景からも一人当たりの消費量が外国の方が多いのは納得できます。
日本の一般的な家庭で毎日牛肉を食べられる家庭は一部のみでしょう。
実は輸の際にかかってくる税金が大きなポイントなのです。

輸入品にはかならず関税がかけられていますが、チーズは様々な物の中でも高い関税がかけられており30%近くにもなるのです。
またチーズの価格だけではなく、輸送にかかった輸送費や保険代を加えたものにかけられます。
輸送には空輸便か船便のどちらかになりますが、チーズの種類によっては時間をかけて輸送していると食べ時が過ぎてしまいますので空輸便を使うしか方法がありませんが、当然のことながら船便よりも空輸便の方が高いのです。

このようなことから輸入チーズの価格は高くなってしまうのです。
決して販売しているお店が儲かっているわけではないのです。
また、日本の国内生産の乳製品を保護する目的もあり関税が高く設定されているといえます。

このページの先頭へ