栄養補給

チーズに含まれる乳酸菌が腸の働きを助けてくれる?

チーズには「乳酸菌」が多く含まれています。
正式には「動物性乳酸菌」という名称になります。
チーズは乳酸菌の宝庫といっても良いくらいです。

乳酸菌の力により熟成されたチーズは栄養だけに限らず味わいも深くなってきます。
チーズをはじめとし、ヨーグルトやミルクなど乳製品に多く含まれる乳酸菌です。
植物性乳酸菌をより活発にさせるためのエサとなってくれ、単独で生存してきた乳酸菌なので分解されたままでも直接腸内を刺激し、免疫力機能を活発にしてくれます。

乳酸菌は人間の体にとって大切な働きをする菌のひとつです。
発酵食品のチーズはヨーグルトより活発に乳酸菌が働いて熟成を進めます。
チーズの旨味成分には乳酸菌が生みだすグルタミン酸の効果が大きく、熟成の進んだチーズほどグルタミン酸が増えていくことが多いのです。

このグルタミン酸を生み出すのが乳酸菌であり、腸内へのウイルスや細菌の侵入を防止、便秘が改善される、アレルグーの緩和、老化や生活習慣病が予防されるなどの効果がありますので積極的に食事に取り入れていきたい食品です。
このように腸内細菌のバランスを改善させる健康機能食品として乳酸菌が認知されるようになってきているのです。

このページの先頭へ