栄養補給

なぜ匂いがきついチーズがあるの?

日本で一般的に販売されているようなチーズはキツイ匂いがするものは少なく、ほとんどの種類が食べやすい味と香りになっています。
しかしフランスなど、本場のチーズの中には強烈な匂いのする種類があります。
何も知らずにパッケージと見た目だけで買ってしまったことがあるという方もいるのではないでしょうか。

この匂いの強いチーズは「ウォッシュタイプ」と呼ばれるものです。
ウォッシュタイプはチーズ表面についている菌で熟成させるもので、この菌には分解力が強く匂いが強烈なため、熟成中は数日おきに表面を塩水やワイン、ビール、ブランデーなど、その土地のお酒を使い洗って菌を繁殖させながら熟成させているのです。
中は食べやすいマイルドな味ですが匂いが強いものが多くチーズに詳しい方達が好んで食べるようです。

日本のチーズは多くが「プロセスチーズ」とよばれるものでナチュラルチーズを原料とし、再加熱し溶かすことで発酵をとめているのです。
これにより長期間、保管しやすいマイルドな味に加工しなおしているので匂いも穏やかなのです。
最近では日本でもウォッシュタイプが作られていますが、こちらの種類ですとやはり日本のものでも同じようにキツイ匂いがします。

このページの先頭へ