栄養補給

乳の種類によってチーズは栄養素が異なる?

チーズは製造方法によって大きく2種類に分けられます。
プロセスチーズとナチュラルチーズです。
日本で一番主流となっているのが「プラセスチーズ」です。

何種類かのナチュラルタイプを混ぜ合わせて、加熱し味を整え再度、凝固したものです。
保存性がよく、クセのない味で誰でも食べやすくなっていますが、乳酸菌などは生きていないため菌の働きはなくなってしまいます。
また個性や変化は乏しくなります。

ヨーロッパなどで主流なのが「ナチュラルチーズ」です。
牛乳や山羊乳、羊乳などを原料に凝固させ、発酵と熟成をおこなったものです。
加熱や殺菌などの加工をしていないためチーズ本来の味わいが楽しめます。

ナチュラルタイプには地域ごとに非常に多くの種類があります。
このように乳の種類が違うナチュラルタイプにはそれざれも持ち味があり栄養面でも多少の差があります。
硬質なチーズほど栄養価が高くなる傾向ですが、硬質の種類は濃厚なため少量で満足感が得られます。

逆に軟質のチーズは食べやすいので硬質に比べると量が食べられます。
これらからわかるように、栄養価の摂取量はどの種類を食べてもさほど差がないということになるのです。
現代では多くのチーズが牛乳でつくられていますが、山羊乳で作られた代表的な種類といえばシェーブルでしょうか。
山羊乳特有の風味があり熟成が進むと香りも味も濃厚になります。

このページの先頭へ