栄養補給

チーズを食べると血圧ケアに繋がる?

低血圧の方の対象法として、規則正しい生活、アルコールを控えるなどといったことと一緒に塩分やたんぱく質をバランスよく取ることと言われています。
チーズは低血圧に効くといわれています。
適度に血圧を上昇させるのに効果的な成分である「チラミン」がチーズには多く含まれているからです。

特に熟成期間の長いチーズにはチラミンの量が多く含まれています。
その代表的な種類が「チェダーチーズ」なのです。
1日50gのチェダーチーズを食べると低血圧に良いそうです。
血圧をコントロールし低血圧の症状を緩和できるといわれています。

その他にはゴーダチーズもチラミンが濃縮されているそうです。
フランス人はワインと組み合わせてよく摂取していますが、実はこれは食事による血圧低下を考えての習慣だそうです。

多くの場所で低血圧にチェダーチーズが勧められていますのでお悩みの方は是非試してみるとよいでしょう。
しかしながら、逆にカルシウムを多く含む牛乳やチーズなどの食品は血圧の低下に効果があるという発表が密かにあるのです。
カルシウムは血圧の調節に重要な働きをしており、食事によるカルシウムの増加は血圧の低下につながるということなのです。
このような発表もされていますが実際のところは不明であります。

このページの先頭へ