栄養補給

チーズを食べればカルシウム不足を補える?

カルシウムは体内で最も量の多いミネラルで99%は骨や歯に存在し残りは血液や心臓、筋肉などに関与し体内で重要な役割をしています。
近年、日本人はこのカルシウムが不足しており骨密度が低下し折れやすくなる骨粗しょう症が増えているのです。
育ち盛りの子供にとっても骨の成長に欠かせない栄養素ですので子供から大人まで必要とする大切な栄養素がカルシウムなのです。

チーズに含まれるカルシウムは乳製品の中でも一番なのです。
その違いは吸収力にあります。
他の食品よりも50%~60%を体内に吸収することができます。

チーズ100gに対して55g~1300gも含まれているのです。
よって少ない量でも十分必要な量を吸収することができ効率のよい食品なのです。
吸収力が優れているチーズのカルシウムは心にも良い効果をもたらします。

血液中のカルシウムが不足すると精神的に落ち着かずイライラしやすくなります。
これによりホルモンバランスが乱れ骨からカルシウムを上手く取りだせず、免疫機能の低下へと繋がってしまいます。
1日に必要なカルシウムは600mlといわれています。
この量はチーズ一切れで補う事ができ吸収力が優れているチーズなら血液中にも早くカルシウムを届けることができるのです。

このページの先頭へ