栄養補給

チーズが体に齎す働き

チーズは牛乳を加工した食品でとして古くから歴史があり、500種類を超えるほど種類があります。
大きくわけると牛乳を乳酸菌と酵素で発酵させたナチュラルチーズ、このナチュラルチーズを加熱処理したプロセスチーズにわけられます。
タンパク質、脂肪、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2などが含まれ消化がよく栄養が豊富です。

乳製品は消化がいいと言われていますが牛乳などは体質によって飲むと下痢や腹痛などが出てしまう方もいます。
これは乳糖を分解するラクターゼという酵素の働きが弱い人に多くみられるのですが、牛乳に含まれる乳糖はチーズには含まれておりませんので下痢などの心配がなく安心して食べられるのです。
ビタミンAやビタミンB1、ナイアシンなどのビタミン類は体内で様々な栄養を分解する酵素の手助けをしてくれていますので、これにより疲労回復や食欲増進などに役立てられています。

同じ乳製品で健康によいとされている牛乳と比べても、ビタミン類やカルシウムの有効成分は5倍、他にも脂肪とタンパク質は約10倍濃縮して含まれているため子供の発達にも最適です。
また、リンとカルシウムのバランスが同対のため、吸収力が抜群に優れていることも特徴です。
エネルギー量では牛乳の6倍もあるといわれ、スタミナ増進にも効果的でチーズは少ない量でも他の食品よりも何倍もの栄養をとることができるのです。

チーズに含まれるビタミンAは皮膚や粘膜、目を守る働きがあり風予防や最近ではガンの予防にも効果的であることがわかってきています。
このように日本人に不足しがちといわれているカルシウムやビタミン類、おなかの調子を整え、肝臓の働きを助けてくれる最適な健康食品なのです。

このページの先頭へ