栄養補給

チーズを上手に健康へ役立てる方法

チーズには100gで牛乳6本文のパワーがあると言われています。
わずか100gで牛乳6本分と同じカルシウムが含まれているのですが驚きです。
しかし牛乳ほど栄養食として知られていないのも事実です。

毎日牛乳を飲むよりもチーズを一切れ食べることで十分な栄養が沢山とれるのです。
注目すべき点は吸収力です。
チーズは発酵されていますので、タンパク質がアミノ酸に分解され、ミネラルがイオン化しているので体内への吸収力が非常に高いのです。

身体の骨というのは常に作りかえられていますのでカルシウムは永遠にとっておかなければならない大変重要な栄養素です。
このカルシウムの体内の得吸収率は小魚の2倍にもなるのです。
チーズには様々な病気から予防することもできます。

カルシウムの吸収率が良いことから歯や骨をつくることに適しており、現代増え続けているといわれる「骨粗しょう症」の予防にも役立つのです。
カルシウムは歯のエナメル質の強化もしてくれます。
チーズに含まれている必須アミノ酸のメイオニンは肝臓の働きをたすけて、アルコールの分解も促してくれますのでお酒のお供に美味しくいただけるだけではなく、二日酔いの防止にも効果的なのです。

他にも美容に効果があるといわれ、ダイエット食としても非常に良く、ビタミンB2が豊富なことから脂肪を燃焼させますし、ビタミンAは免疫力を高め身体を病気から守ります。
皮膚の粘膜の健康を保つ働きもしますので美しさや若さを保つことにも有効です。
最近ではガンの予防にも効果的という研究発表がありチーズはますます完全健康食ということで注目されているのです。

このページの先頭へ