栄養補給

乳製品の中でチーズは栄養素が高いって本当?

チーズの栄養を上手く活用することで健康的で元気な体を作ることができます。
元から栄養が豊富な牛乳を原料にしていますので、牛乳の栄養価が濃縮されています。
チーズは高タンパクでカルシウムが豊富に含まれた栄養価の高い食品です。

他にも皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあるビタミンA、細胞の成長を促進させイキイキとした素肌を保つミビタミンB2も含まれていることから美肌にも効果があります。
チーズは他の食品よりもよい多い栄養素が含まれているのです。

カルシウムがより効率よく吸収されるためにはタンパク質を必要としていますが、チーズの栄養価に含まれているタンパク質は牛肉などに含まれるタンパク質よりも多く含まれていますし、大豆よりもバランスのよいアミノ酸が含まれているのです。
カルシウムはそのまま体内に入れても吸収されにくい特徴がありますがチーズに含まれるカルシウムには牛乳や小魚よりも吸収されやすく50%~60%を吸収できますので、カルシウムを効率よく摂取するにはチーズが一番なのです。
また血液中にも早くカルシウムを届けることができますので心のバランスも取りやすくなります。

乳酸菌も栄養のひとつで、ヨーグルトより活発に乳酸菌が働いて熟成を進めています。
チーズのうまみ成分は乳酸菌が生み出したグルタモン酸という成分の効果が大きく熟成が進むにつれ更に増えていきます。
このグルタモン酸を生み出す乳酸菌はお腹の調子を整え便秘や肌荒れの改善、秋玉金の活性を促進する効果があります。

このページの先頭へ