栄養補給

お酒の肴にはチーズは相性が良いってホント?

チーズにはアミノ酸のメチオニンが肝臓の働きを助けアルコール分解を助ける効果がありますのでお酒の肴としては非常に良い食品なのです。
アルコールの分解をスムーズにするたんぱく質とフビタミンB2がたっぷり含まれています。
飲む前に食べることでチーズに含まれる乳酸菌や酵素が消化を助け、脂肪がアルコールの強い刺激から胃の粘膜を保護してくれお酒の吸収を和らげてくれるのです。

お酒の飲み過ぎを防ぐこともできます。
二日酔いを防ぐにも良いとされています。
ビールは飲み口が軽いので油気や塩気が少しあるチーズがおつまみに合います。

他にもウイスキーやジン、ブランデーなどはアルコール度が高く胃粘膜を守る必要があるためタンパク質や脂肪の多い食品が良いのです。
ワインでは一般的には赤ワインには肉、白ワインには魚といわれていますが、チーズが好みとしている人は意外と多いのです。
お酒のつまみの本来の目的はお酒でとれない栄養分を補いアルコールで生じる障害を防いでくれることなのです。
しかしながらつまみがお酒の味を悪くしては楽しめませんのでお酒の肴はお酒の味をひきたておいしく味わえるものが選ばれているのです。
そのひとつが「チーズ」なのです。

このページの先頭へ